足を細くする方法

足のむくみは、バナナで撃退!食べて対策できちゃう理由

足のむくみが気になっていると、いろいろな対策を考えるかと思います。

運動だけでなく、もちろん食材でもそうですよね。

足のむくみが気になっているのなら、おすすめの食材があるのです。

それが、とても身近な食材である「バナナ」です!

「え、バナナ?」
と思うかもしれません。

バナナが足のむくみに効果的な理由について、ご紹介していきたいと思います。

なぜバナナが足のむくみにいいの?

足のむくみに、どう考えても結びつかないバナナ。

ですが、足のむくみを解消するには、カリウムが必要になってくるのです。

そして、そのカリウムが豊富に含まれているのが…バナナなのです。

バナナは、手間がかからず、しかもスーパーで割とお得に購入することのできるフルーツですよね。

そんなバナナが足のむくみを解消するなんて信じられませんよね。

でも、それができるのがバナナなのです。

では、バナナに含まれているカリウムとは、主にどのような働きをするのかを知れば納得できるかと思います。

カリウムの働きが足のむくみに良い理由

カリウムの主な働きとは、体内の塩分量を調整することがあります。

足に限らず、むくみが起こる原因の一つに、塩分の摂り過ぎがあります。

体内の塩分量を調整し、デトックスへと導いてくれるのがカリウムの主な働きとなるのです。

カリウム手軽に摂取できるのが「バナナ」というわけなのですね。

バナナのメリットは、足のむくみが解消されるだけではありません。

朝ごはんの代わりに食べる方もいらっしゃるほど、腹持ちがいいのです。

そのため、バナナが好き!という女性は意外と多いのです。

もちろん、男性だってむくみなどがありますから、バナナは大変おすすめのフルーツになります。

ただ、朝ごはんの代わりにバナナだけは少ないかもしれませんので、スムージーなどにして飲むのもいいでしょう。

アレンジして食べやすいというのも、バナナのメリットになります。

ですが、メリットばかりではありません。

バナナは腹持ちも良く、むくみを解消するカリウムが豊富に含まれているという点では大変優れたフルーツなのですが、デメリットが一つあります。

ズバリ、飽きるという点です。

飽きるのは無理もありません。

同じ食べ物をずっと食べ続けるというのは、なかなかに酷なお話です。

ですが、バナナの場合、バリエーションがあるため、まだ救われますよね。

スムージーにしてみたり、ヨーグルトに混ぜてみたり、そのまま食べてみたり、シリアルに入れてみたりと様々なバリエーションがあるのも事実です。

ただし、がらりと変わって「過熱したバナナを食べたい!」という方がいらっしゃるかもしれませんが、それはアウトです。

熱を加えてしまうと、カリウムの量が減少してしまいます。

そうすると、せっかくの足のむくみに対する効果が薄れてしまうので、加熱だけは避けるようにしましょう。

生のままで食べるのが一番のおすすめです。

ですので、やはりスムージーやヨーグルト、シリアルなどといった他の食材も組み合わせながらバナナを上手く利用していくのがベストですね。

バナナの腹持ちの良さも、食べていくうちにわかってくるかと思います。

注意点としては、いくら足のむくみに効果があるとしても食べすぎないことです。

バナナも食べすぎるとカロリーオーバーになり太る原因にもなります。

決して、食べすぎることは控えてくださいね。

足のむくみに悩んでいるのなら、まずは手軽なバナナを食べることから始めてみてくださいね。